【梱包前に】モノ別に見るおすすめ緩衝材。購入方法も!

スポンジ量り売りについて

はじめに

「ECサイトの商品を送るために、梱包用の緩衝材を探している」
「引っ越し時の梱包材ってどうすればいいの?」
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
梱包材の種類はさまざま。
そのため迷ってしまいますよね。
そこで今回は、梱包用の緩衝材に関して

  • 種類
  • 物別のおすすめ緩衝材
  • 注文方法

をご紹介します。
企業で大量発注予定の方も、個人で使う予定の方も、ぜひ参考にしてみてください。

梱包緩衝材の役割

梱包用の緩衝材は、商品を守るために使われています。
通販でフィギュアを買ったとしましょう。
「届いてワクワクしながら開けたところ、破損していた」となったら、ガッカリしてしまいますよね。
後日、新しいものを発送してくれるとなっても、クレームを入れたくなる方も多いでしょう。
また、引っ越しで大切にしていた食器が壊れてしまった、という経験がある方もいるかもしれません。
こうした事態を防ぐためにも、緩衝材を使って梱包することが大切なのです。
「包むのが面倒」、「手元に緩衝材がないから、別にいいや」と思う気持ちもわかります。 ですが、大切な商品・持ち物を守るためにも、しっかり緩衝材で保護するようにしましょう。
特に通販をおこなっている方は、お客様に喜んでいただくためにも、丁寧に梱包することをおすすめします。

梱包用の緩衝材の種類

発泡プラスチック

発泡プラスチックは、梱包に使われることの多い緩衝材です。

「発泡スチロール」という名前で馴染みの深い「発泡ポリスチレン」のほか、
果物の包装に使われる「発泡ポリエチレン」や無印良品の収納ボックスの素材としても知られる「発泡ポリプロピレン」などがあります。

ウレタンスポンジ

ウレタンスポンジは、食器を洗う際のスポンジにも使われている身近な素材です。
クッション性が高く、弾性の種類が豊富なため、緩衝材として使いやすいのも特徴。商品に合わせて形をカットしやすいので、さまざまな使い道があります。

幅や長さのほか、厚さも希望サイズでの注文が可能です。商品にピタッとはまる緩衝材をお探しの方には特におすすめです。

【関連リンク】

スポンジ専門店ソフトプレン / 硬めのウレタンスポンジ-希望サイズ販売-
Pushy is an off-canvas navigation menu for your website.
スポンジ専門店ソフトプレン / やわらかいウレタンスポンジ-希望サイズ販売-
Pushy is an off-canvas navigation menu for your website.

クッションペーパー

ワインなど、お酒の瓶を送る際に使われることの多いクッションペーパー。
網目が入っており、これで包みリボンを巻くだけでも、スタイリッシュなラッピングに仕上がります。 小ロットでも1枚あたり8円前後で買えるリーズナブルさも特徴です。

エアキャップ

「プチプチ」という名前で呼ばれることの多いエアキャップ。
本や割れ物、家電などさまざまな用途に使える緩衝材です。文具店や100均など、身近にあるお店で買えるのもメリットの一つ。

紙パッキン

アクセサリーやお菓子などの緩衝材として使われることの多い紙パッキン。
紙を細かく裁断した形状で、カラーも豊富です。おしゃれな物を送る際に使いたい緩衝材となっています。

その他

段ボールをロール状にした「巻きダンボール」や、空気が入ったパックのような「エアークッション」など、緩衝材は他にもたくさんの種類があります。
身近なもので代用する場合は、タオルや新聞紙を使うことも。物や用途によってうまく使い分けたいですね。

品物別のおすすめ梱包緩衝材

梱包のコツ

梱包のコツ(食品や果物以外)は

  • 全面を覆う
  • 隙間を作らない

ことです。

壊れやすいものは特に、全面がカバーされているかよくチェックすることをおすすめします。
また、緩衝材と商品との間に隙間があると、中でグラグラしてしまいがち。
その結果、割れたり破損したりすることもあるので、注意が必要です。少し揺らしてみて、中のものが動く音がするようであれば、もう少し緩衝材を増やしてみましょう。

書籍、CD

書籍やCDは、エアキャップで包むのがおすすめです。リーズナブルで、文具店や100均などでも買える便利な緩衝材となっています。
エアキャップのシートを、商品の2-3倍の大きさに切って、隙間を埋めるように包みましょう。
最近では、もともとエアキャップが中に貼り付けられている封筒も販売されています。 1冊ずつ送る、など少量であれば、それを利用すると手軽に送ることができます。

果物

果物を送る際には、専用のパックを使うと良いでしょう。
「フルーツキャップ」など、発泡ポリエチレン製の緩衝材が使われることが多いです。なお、他のものと違い、果物は空気の通りを作っておかないと傷んでしまうことも。 そのため、少し隙間を作るようにゆとりを持たせて1個ずつ包みましょう。

食器、割れ物

食器など、割れ物の梱包には

  • 新聞紙
  • ミラーマット(ポリエチレンシート)

がおすすめです。複数枚重ねて食器を包むと、破損しやすくなります。そのため、1枚ずつ包みましょう。通信販売で送る際は、英字新聞やポリエチレンシートにすると、きちんとした印象になります。
包んだ後の食器を入れたダンボールに隙間がある場合は、

  • カットスポンジ
  • エアークッション
  • タオル

などで、埋めていきましょう。

家電

家電をカバーするには、

  • 発泡スチロール(発泡ポリスチレン)
  • 硬めのウレタンスポンジ

など、クッション性に優れた緩衝材がおすすめです。
家電をエアクッションでカバーしてから上記で梱包すると、より衝撃を弱めることができます。
大きい家電となると、緩衝材のサイズも大きいものが必要となります。
そのため、専門店で購入すると良いでしょう。 希望の型に切ってから送ってくれる業者もあるため、おすすめです。

アクセサリー

プレゼントや通販などで、アクセサリーを発送する際は、デザインにもこだわった梱包がおすすめです。
カラフルな紙パッキンなど、アクセサリーや箱の色に合わせて選ぶと、スタイリッシュになります。
なお、アクセサリーの台座にはウレタンスポンジも合います。
弾性のあるスポンジに切れ込みを入れ、そこにリング等を差し込むことで、高級感の出る仕上がりに。 弊社では、そうした切れ込み加工注文も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

【関連リンク】

ウレタン・スポンジ特注加工
ウレタンスポンジの特注ページ。梱包材や緩衝材に使えるスポンジをご希望サイズでご購入いただけます。

また、アクセサリーが箱に入っていたとしても、箱自体もエアキャップで包んで保護してみてはいかがでしょうか。
お客様にも「大切なアクセサリーである」といった印象を持ってもらいやすく、満足度アップに繋がるかもしれません。

梱包材の注文方法

梱包用の緩衝材は、主に以下で入手できます。

① ホームセンター
エアーキャップやウレタンシートなどは、ホームセンターでも買うことができます。オンラインショップを展開しているホームセンターもあるため、手軽に注文できるのがいいですね。



② 100均
100均では、エアークッションや紙パッキンが販売されていることもあります。
駅の近くにあることも多く、買いに行きやすいのがメリットです。また、カラフルな箱やリボンも揃っているため、通販などでアクセサリーやファッション系商品を梱包したい方にもおすすめ。 大量注文を受け付けているお店もあるため、チェックしてみてはいかがでしょうか。



③ 専門店
大量に安く梱包材を仕入れたいのであれば、専門業者がおすすめです。
ショップによっては、「こういう商品を包みたい」、「どの素材がおすすめ?」など、相談に答えてくれることも。近年はオンラインで注文できる業者も増えているため、利便性の良さもポイントです。
サイズのほか、お好みの型や、別の緩衝材と貼り合わせるなど、多様な加工に対応している業者も。 型や大きさなど、オーダーメイドできるところもあり、梱包にこだわりたい方は専門店・業者がおすすめです。
【関連リンク】

ウレタン・スポンジ特注加工
ウレタンスポンジの特注ページ。梱包材や緩衝材に使えるスポンジをご希望サイズでご購入いただけます。

④ 引っ越し業者

引っ越し時の緩衝材は、引っ越し業者が用意してくれることもあるので一度尋ねてみましょう。
(有料の場合もあります)包まずに、そのままお皿を入れられる専用の緩衝材つきダンボールなど、便利な梱包材も。新生活は何かとバタバタすることも多いはず。
忙しい方は、特に引っ越し業者に用意してもらうのがいいかもしれませんね。
中には、引っ越し後のダンボール等を引き取ってくれる引っ越し業者もあります。 そうしたサービスを比較しながら引っ越しを依頼するのもおすすめです。

まとめ

今回は、梱包用の緩衝材についてご紹介しました。
緩衝材は、用途や物によって上手く使い分けていきましょう。隙間を作らないことがコツです。(食品は除く) 近年はオンラインで注文できるお店も増えてきたので、

  • 近くに売っているお店がない
  • 大量に用意したい
  • オリジナルのサイズにカットしてほしい

という場合は、そちらを利用してみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました